TOPスタッフ紹介 > 木内 理世

スタッフ紹介

出身大学(大学卒業年度)

徳島大学(卒業年度 2005年)

専門分野

生殖内分泌、女性医学

資格

日本産科婦人科学会 専門医・指導医
日本産科婦人科内視鏡学会 技術認定医

医師(特任助教)

木内 理世きのうち りよ

メッセージ

東京で産まれ、東京、アメリカ、金沢(石川県)と、様々な場所で子供時代を過ごし、出身地はよくわかりませんが、大学入試日に初めて足を踏み入れた徳島での生活が人生の半分以上となり、どこの人かといわれれば、徳島の人、になりました。新宿の国立国際医療センター(現国立国際医療研究センター)で初期研修をし、母校の産婦人科に入局しました。入局後6年間大学で過ごし、その間に学位を取得し、子供を3人産みました。その後、徳島赤十字病院、徳島市民病院、阿南医療センターにて計10年間、急性期医療から地域医療まで幅広く臨床経験を積み、腹腔鏡技術認定医も取得して大学へ戻って参りました。臨床の現場で目の前のひとりひとりの患者さんと日々接してきて、研究は、世界と繋がれ、多くの人を対象とできることに改めて気づき、また研究にも取り組みたいと思いました。もともと、生殖医療、手術、救急に興味があり産婦人科を選びました。分娩時ほど急を要する救急疾患はなく、今でも毎回緊張しますが、元気な赤ちゃんとお母さんを見れた時には嬉しい気持ちになります。初診から治療、治療後までずっと一人の患者さんに寄り添えることも産婦人科の魅力の一つです。私は産婦人科医になってよかったと思っています。

ページトップへ戻る