TOPスタッフ紹介 > 門田 友里

スタッフ紹介

出身大学(大学卒業年度)

徳島大学 (2010年卒業)

専門分野

女性医学

資格

日本産科婦人科学会 専門医

医師(特任助教)

門田 友里かどた ゆり

メッセージ

門田友里と申します。徳島県鳴門市出身で、2011年に徳島大学医学部を卒業し、健康保険鳴門病院(現:徳島県鳴門病院)で2年間初期研修を行ったあと、産科婦人科学教室に入局しました。入局後は、徳島大学や徳島市民病院で勤務し、現在は女性医学をメインに診療しています。2020年には大学院に入学し、女性医学に関する研究を初歩から学んでいます。研究の側面からも理解を深めていきたいと考えております。
産婦人科になろうとしたきっかけですが、もともと子供が好きで、大学入学したころは小児科医になりたいとぼんやり考えていました。しかし、実習や講義を通して診断から治療までの一連を同じ科でできる産婦人科に魅力を感じました。また、同じ女性として患者さんの何か役に立てることがあるのではないかとも感じるようになり、子供(おもに新生児になりますが)と接する機会もある産婦人科医になることを決めました。これまでの産婦人科医生活で一番印象に残っていることは、長期入院し無事に退院した患者さんからお礼のお手紙をいただいたことです。まだまだ未熟で至らないことも多い私ですが、少しでも患者さんの役に立つことができていたことを実感でき、大変嬉しく思ったことを覚えています。この気持ちを糧に、日々精進していきたいと考えております。

医学生、研修医へのメッセージ
 私は、よく言えばおっとりしている、悪く言えばボーとしているタイプなので、よく産婦人科らしくないと言われます。親しみやすいという意味では悪くないのかなと最近は思えるようになってきました。入局前には不安もありましたが、優しくて優秀な先輩の先生方や同僚、後輩に恵まれ、今までなんとか産婦人科医を続けることができました。
やる気があれば、周りの先生方も支えてくれます。優秀な先生はもちろん、私のように少し不安がある先生も、産婦人科に興味があるなら、将来の選択肢の一つとして産婦人科を考えてみてください。

趣味など
 現在は、仕事に育児にと充実した日々を送っています(要するに無趣味です)。少し落ち着いたら何か新しいことを始められたらいいなと思っています。

ページトップへ戻る