TOP » 教室案内

教室案内

歴史

徳島大学産科婦人科学教室の歴史

徳島大学産科婦人科学教室は、太平洋戦争真最中の昭和18(1943)年に徳島県立徳島医学専門学校が設置され、産科婦人科学教室がそのひとつの講座として開講したことに始まります。略歴を参照しながら、当教室の歴史を振り返りたいと思います。

 

 

昭和18年2月に、県立徳島医学専門学校が設立され、4月に講師として故橋本義徳先生がご着任になり、実質上、産科婦人科教室が開講しました。

その翌年の昭和19年4月に、初代教授である天満和人教授(昭和19年4月〜昭和21年3月)が大阪大学からご就任され、昭和20年に官立に移管され終戦を迎えました。

 

 

戦後の混乱の時期はキャンパスが徳島市内を転々としていましたが、昭和22年9月に現在の蔵本の陸軍練兵場跡に移転し、昭和23年2月に徳島医科大学に昇格、ほぼ現在の原型が整いました。

この間、産婦人科教室には天満教授に引き続いて、第2代寺沢仲利教授(昭和21年9月〜昭和22年4月)、第3代広瀬一郎教授(昭和22年10月〜昭和24年5月)が、それぞれ短期間ですが就任されています。

 

 

昭和24年5月に正式に国立徳島大学医学部が発足し、第4代飯田無二教授(昭和24年8月〜昭和39年3月)が大阪大学から就任され、近代的な国立大学医学部の教室として発展する礎を築かれました。

飯田無二教授は昭和35年に第12回日本産科婦人科学会総会を徳島市で開催されるなど、研究にも力を入れられました。

 

 

第5代の足立春雄教授(昭和39年7月〜昭和53年3月)時代には、現在の四国の産婦人科医療を支えている多くの人材が輩出し、またこの時代にほぼ現在の産婦人科医療供給体制が整備されています。

また、足立教授は長らく医学部長、附属病院長を歴任され、様々な面で医学部の発展に尽力されました。

この間、昭和42年に現在の外来棟・研究棟が完成し、昭和51年4月には分娩部が正式に発足して、徳島における産科医療の充実が図られています。

 

 

第6代森崇英教授(昭和56年4月〜昭和59年6月)は、日本でも早期に体外受精胚移植を成功させ、また日本で初めて倫理委員会を作るなど、研究面でその後当科が旧帝大と肩を並べるまでに発展する種を撒かれ、教室内の研究基盤の改革を進められました。

 

 

第7代青野敏博教授(昭和62年2月〜平成13年3月)は、多くの若い研究者を育てながら、教育や臨床面でも全国のトップレベルの教室に育て上げられました。

青野時代には平成11年4月には周産母子センターが正式に発足しております。

青野教授は平成12年に第52回日本産科婦人科学会総会を徳島市で開催されるなど研究面でも大きな業績を上げられましたが、平成10年から徳島大学病院長を務められ、さらに平成14年から7年にわたり徳島大学長を務めるなど、大学の管理運営にも尽力されました。

 

 

そして、第8代目として平成13年7月に苛原(平成13年7月~)が就任し、現在に至ります。

当教室は徳島大学内の医局の中でも設立から設置されている歴史の長い教室であり、現在まで四国の中心的な医育機関として多くの産婦人科医を輩出し、出身者は四国のみならず全国各地で先端医療や地域医療の担い手として活躍されています。また現在も含めて、徳島県や四国を中心に近畿や北海道などの多くの医療施設に医師を派遣し、地域医療にも大きな貢献をしてきました。また学術的には、日本産科婦人科学会総会を2回にわたり開催したのをはじめ、関連学会を多数開催し、また和洋の学術論文も多数発表するなど、多くの業績を残してきました。

また、徳島大学産科婦人科学教室の同門会は「三知会」と称しています。これは昭和39年に足立教授が就任した折に命名されたものです。三知とは「命を知り、礼を知り、言を知る」という論語の一節からとっているそうです。三知会はこの「命」、「礼」、「言」を知る者の集まりと言う意味を持っています。現在までに物故者や退会者を含めて約400名が本会に入会しており、年次総会を毎年1月第2日曜日に開催しているほか、関連病院の展開に併せて4支部(香川支部、高知支部、愛媛支部、近畿支部)が設立され、各地でも会員の相互親睦に重要な役割を果たしております。三知会では学術講演会や懇親会、会誌・会報の発行などを通した会員の相互の親睦と研修を行っていますが、昭和63年より三知会学術奨励賞の授与を開始し、若い研究者の育成にも力を入れています。

以上のように、歴代教授は8代を数え、教室から育った同門である三知会会員は400名に近づき、改めて、開設以来の先輩方のご苦労に感謝と敬意を表するとともに、徳島大学産科婦人科学教室が歴史と伝統に培われた教室であることに誇りと自覚を持ち、これからの発展を目指したいと思います。

ページトップへ戻る