TOP » 一般の皆様へ » 体外受精-胚移植について » 4.当科における体外受精・胚移植の基本的なスケジュール

体外受精-胚移植について

4.当科における体外受精・胚移植の基本的なスケジュール

4-1  治療前周期

治療前周期の月経3日目に外来受診していただき、血液(ホルモン)検査を行います。

高温相7日目より点鼻薬(スプレキュア)を開始します。
高温相になれば、外来受診してください。
・月経が不規則で高温相にならない場合はホルモン剤の服用により高温相をつくりますので、月経周期の20日目頃に受診してください。
・スプレキュアを使用しても月経は普段通りに起こります。スプレキュアを始めて2週間たっても生理にならない場合はご相談ください。

4-2  治療周期 3日目

治療周期の月経が始まったら3~5日目に外来受診して下さい。経膣超音波検査および、術前検査(主に血液検査)を行います。
またこの時、採卵までの注射の日程を決めます。

4-3  治療周期 注射開始から採卵まで

当科では、あらかじめ採卵の予定日を決め、それに合わせて排卵誘発剤(フェルティノームP ●、ヒュメゴン ●)の注射をはじめます。
基本的には木、金、土曜日から注射を開始して、翌々週の月、火、水曜日が採卵日となるように設定します。

注射開始後5日目から経膣超音波検査で卵胞発育の様子を観察します。 
スプレキュアは中止の指示が出るまで続けて投与してください。きちんと投与していないと採卵日までに排卵してしまい,体外受精ができなくなります。

卵胞が充分に発育したことを確認したら、スプレキュアは採卵日の2日前の就寝前を最後の投与とし、採卵日の前日(午前3時30分または午前4時30分)に排卵をうながす注射(hCG ●)をします。卵胞の発育が不良な場合は、注射を継続して採卵日を遅らせます。

・卵胞の発育が不十分(成熟卵胞が3個以下)な場合は、採卵をキャンセルせざるをえないこともありますので、あらかじめご了承ください。

4-4  採卵日当日

採卵日当日は午後1時から日帰りの入院となります。
午後2時より採卵手術をします。

4-5  採卵日の翌日

2日目の午後12時頃、受精確認を行います。結果を午後1時に説明します。

4-6  胚移植日(採卵の翌々日~6日後)

3日目の午後1時30分頃に外来にきていただき、胚の状態を確認の上、子宮に戻す胚移植を行います。胚移植は数分で終わり、痛みはありません。
胚移植後30分~1時間安静にし、退院診察してからお帰りになれます。

4-7  胚移植のあと

1)胚の着床を助けるために胚移植後に注射,内服薬,または膣坐薬などを投与します.

例1)hCGの注射を3日に1回投与…3~5回
例2)プロゲステロン膣坐薬を毎日投与…10~14日間

退院後は普通に生活していただけますが、できるだけ安静を心がけてください。

2)基礎体温の高温相が20日以上続けば妊娠の可能性があります。

来院して外来で診察を受けてください。
月経になった場合も受診し、担当医と次回治療について相談してください。

4-8  その他

移植胚の数と凍結保存について

当科では多胎妊娠を防ぐため、日本産婦人科学会の勧めに従って、移植胚数は3個までとしております。
そのため、移植しない良好な余剰胚ができることがあり、患者御夫婦の同意が得られれば余剰胚を凍結保存します。(凍結同意書,夫婦のサインが必要)

胚移植の時期について

従来の体外受精-胚移植では採卵後2日目の2~4細胞期の胚を子宮に戻して安定した成績が得られています。

また、胚をより長く培養し、子宮に着床する直前の胚盤胞期まで育ててから移植を行う方法(胚盤胞移植)もあります。
この場合は採卵の5~6日後の移植となります。

ページトップへ戻る