TOP » 一般の皆様へ » 体外受精-胚移植について » 3.治療を受ける前に

体外受精-胚移植について

3.治療を受ける前に

体外受精の説明を受け、治療を希望される場合は、同意書, 依頼書に夫婦各自でサイン、捺印をしたうえで戸籍謄本をそえて提出していただき、このとき体外受精を実施する月を予約します。

直前の周期まで一般不妊治療を続けていると、体外受精の周期にあまり卵胞が発育してこないことがあります。そのため体外受精の前には3カ月位治療を止め、卵巣を休ませます。

また、治療の直前の周期は必ず避妊しておいてください。

ページトップへ戻る